けがの炎症があるときにしてはいけないこと。

阿部整骨院

0288-26-5665

〒321-1274 栃木県日光市土沢557

午前8:30~12:00 / 午後14:30~19:30(土曜日17:30)

ブログ

けがの炎症があるときにしてはいけないこと。

院長ブログ

2020/11/17 けがの炎症があるときにしてはいけないこと。

こんにちは、栃木県日光市JR下野大沢駅前30秒の阿部整骨院院長の阿部洋志です。

 

ケガによる炎症があるときにしてはいけないことを申し上げます。

 

1番多いのは、温泉に行ったり

 

お風呂で温めたりして

 

痛みが強くなるケースです。

 

 

急性期は、温めないのが基本です。

 

温めた後に、倍返しの痛みが出現します。

 

 

同様に、ある程度以上の飲酒も同様です。

 

酔いがさめたときに

 

痛みが憎悪します。

 

 

次に運動やストレッチです。

 

ケガにより組織が痛んでいるのですから

 

安静にすべきです。

 

けがの程度により

 

固定をした方が良い場合も

 

少なくありません。

 

 

3つ目として

 

痛み止めを飲んで

 

痛みの感覚がマヒしているうちに

 

動き過ぎてしまうことです。

 

これも傷口を広げる要因です。

 

 

阿部整骨院

電話番号 0288-26-5665
住所 〒321-1274 栃木県日光市土沢557
営業時間 午前8:30~12:00 / 午後14:30~19:30(土曜日17:30)
定休日 日曜日、祝祭日

TOP