特例承認の遺伝子治療をすると。考えるべきこと。

阿部整骨院

0288-26-5665

〒321-1274 栃木県日光市土沢557

午前8:30~12:00 / 午後14:30~19:30(土曜日17:30)

ブログ

特例承認の遺伝子治療をすると。考えるべきこと。

院長ブログ

2021/09/21 特例承認の遺伝子治療をすると。考えるべきこと。

こんにちは、栃木県日光市JR下野大沢駅前30秒の阿部整骨院院長の阿部洋志です。

 

Twitterからのご報告です。

 

治験中の注射をすると

数分のうちにプラスチックのような合成された微細な構造体が

体中に広がり、毛細血管に侵入し、最も脆弱であった内臓に付着します。

そこでは、24時間365日、臓器や体全体に放射線を照射します。

臓器が大きく損傷するまで。

その結果、心臓に問題がある人は心筋炎や心臓発作になり

卵巣に問題がある人は卵巣がんになり.

あるいは肺、腎臓、前立腺の悪性疾患。

 

彼女たは私たちにこの構造の導入は意図的なものだと言いました。

設計ミスでもなく、事故でもなく、プルトニウムのようにゆっくりと、

そして検出できないように、あなたを放射するという

正確な目的のために行われているのです。

 

ガイガー式起電力測定器が

ワクチンを接種した人の方がより高いレベルの放射線を検出するのは、このためです。

また、ワクチンを接種した人の周りにいたり親密な関係にあったりすると、

電磁場レベルで影響を受け、病気になったり、

出血したり、渡り鳥になったり

私たちが「シェディング」と呼ぶ「放射線に似た」症状が出たりするのも

これで説明がつきます。

まさに、完璧な生物兵器ですね。

他のすべてのM-RNAワクチンにも同じことが言えるという。

ありがとうございます。

 

 

このメッセージはM社のVAXについてのコメントです。

 

 

 

阿部整骨院

電話番号 0288-26-5665
住所 〒321-1274 栃木県日光市土沢557
営業時間 午前8:30~12:00 / 午後14:30~19:30(土曜日17:30)
定休日 日曜日、祝祭日

TOP